iPhone6Sのデザインコンセプト

iPhone6の気になるデザインですが、これまでのiPhoneとは若干イメージが変化しているという印象を受けます。
メタル感がより強くシャープで近未来的な印象が強く、スクエア感が強いというのが特徴でしょう。
これには賛否両論あるかもしれませんが、より万人に受け入れられやすいデザインコンセプトとなっているのではないでしょうか。
またディスプレイは従来のものよりも大型となっていますが、厚みは薄く、そして軽くなっており実は現行モデルのiPhone5sよりもコンパクトにまとまっています。
さらにこれまではiPhoneの代名詞のひとつでもあった、前面のホームボタンですが今回のiPhone6では見当たりません。
再度のボタンにホームボタンの機能が搭載されるのか、まだ詳細は不明ですがこのあたりも注目しておきたいですね。
ソフトバンクオンラインショップでiPhone6Sを予約購入する